[脳性小児麻痺児の機能に対する歩行・運動訓練と組み合わせた経頭蓋直流電気刺激の効果:無作為化二重ブラインド対照比較臨床試験プロトコールの研究] med. app.

Effect of transcranial direct current stimulation combined with gait and mobility training on functionality in children with cerebral palsy: study protocol for a double-blind randomized controlled clinical trial.

掲載誌: BMC Pediatr 2013; 13: 168

この研究は、脳性麻痺児のための粗大運動能力分類システム(GMFCS)のレベルI、II、IIIに分類された4-10歳を対象に、運動訓練と経頭蓋直流電気刺激(tTDC)の組合せ療法の効果を調べる臨床試験のプロトコルを記述している。対象児を、2種類の訓練(トレッドミルでの歩行訓練、仮想現実環境中での動きの訓練)とtTDC(真または擬似)の4通りの組合せの1つに無作為に割り当てる;30分間の訓練中に、tTDC(陽極を優勢の運動皮質C3上、陰極陽極と反対側の眼窩上部に当て、1mAを20分間印加または擬似印加)を実施する;このセッションを週5回、2週間行う;介入実験の1週間前、実験終了から1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後に種々の機能評価テストを実施する、などの内容である。

ばく露