[パルス化電磁界はヒト骨髄および脂肪に由来する間葉系幹細胞の骨分化を刺激する] med./bio.

Pulsed electromagnetic fields stimulate osteogenic differentiation in human bone marrow and adipose tissue derived mesenchymal stem cells.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2014; 35 (6): 426-436

この研究は、パルス電磁界(PEMFs)によるヒト間葉幹細胞の骨分化刺激効果を、骨髄由来幹細胞(BMSCs)と脂肪由来幹細胞(ASCs)で比較し、またPEMFs単独刺激骨形成刺激因子である骨形成タンパク質(BMP2)との組合せ刺激による効果の違いも調べた。その結果、BMSCs、ASCsいずれにおいても、PEMFsは骨分化誘導し、骨分化のさまざまな段階のマーカが検出された;PEMFsとBMP2との組合せにより、BMSCsでは全ての骨分化マーカがさらに増加したが、ASCsでは、PEMFs刺激の役割はBMP2とは独立であった、と報告している。

ばく露

関連論文