[慢性期脳卒中運動麻痺におけるTDCSへの行動反応の予測] med. app.

Predicting behavioural response to TDCS in chronic motor stroke.

掲載誌: NeuroImage 2014; 85 (3): 924-933

この研究は、一次運動野(M1)への経頭蓋直流電流刺激tDCS)において、同側M1の興奮的(陽極刺激、反対側M1の抑制的(陰極刺激のいずれもが単純反応時間の短縮効果があることを前提に、両側M1-M1電極配置による2つの同時刺激が有効性を高めるか否かを調べた。生理学的有効性は、健常脳における運動誘発電位(MEPs)の変化で評価し、行動反応での有効性は、脳卒中慢性麻痺手の反応時間の変化で評価した。その結果、健常脳におけるMEPsの変化、慢性麻痺手の反応時間の短縮において、陽極または陰極tDCSの方が両側tDCSより優れていた;行動反応へのtDCS治療効果を予測する因子がいくつか見出された、と報告している。

ばく露