[組織の電気穿孔治療における細胞の電気的および熱的な死滅の分布に関する数値的研究] tech./dosim.

A Numerical Investigation of the Electric and Thermal Cell Kill Distributions in Electroporation-Based Therapies in Tissue.

掲載誌: PLoS One 2014; 9 (8): e103083

この研究は、パルス電界(PFFs)を用いた電気穿孔療法(ECT)のうち、不可逆的電気穿孔(IRE)による細胞死滅について数値計算による検討を行った。IREの電気損傷による細胞死滅、または電極近傍の非一様電界における高電流密度を原因とする熱的損傷による細胞死滅に及ぼす組織導電率およびパルス数(パルス幅100µsのPEF;90発まで)の影響を調べた。その結果、PEFの選択により、電気穿孔による死滅を優勢にするプロトコルが確認された;一方、パルス数が多いおよび/または組織導電率が高い場合、熱的損傷による死滅が電極近傍で生じる可能性がある、と報告している。

ばく露