[深部組織マイクロインプラントへの無線電力伝送] tech./dosim.

Wireless power transfer to deep-tissue microimplants.

掲載誌: PNAS 2014; 111 (22): 7974-7979

この研究は、ミリメータサイズのマイクロインプラントへの電力伝送方法を開発した。従来の無線給電法による皮膚深さを超えた電力伝送は、コイルの大きさ(少なくとも直径1cm)が制約となり、マイクロインプラントには適さない。この限界を克服する電力伝送方法(Midfield poweringと称する)は、従来の誘電結合コイル指数関数的電磁界低下を伴う)ではなく、パターン化金属プレートを用い、限定された空間で生体組織伝播モードにより適切に電力を伝送し、深部組織に高電力密度区域を生成する。実験では、この方法を用い、従来のペースメーカより桁違いに小さく、無線で心臓を制御するマイクロインプラント(2 mm、70 mg;胸部)に給電した;ばく露を人体安全閾値以下に抑えた範囲で、深部組織(>5 cm)のマイクロインプラントへミリワットレベルの電力伝送が可能である、と報告している。

ばく露