研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (observational study)

[携帯電話電磁界下における生殖力の低下および先天異常の増加:農業上の有用なオペレーションの観点からの記録(ドイツ語)] med./bio.

[Reduced Fertility and Increased Number of Birth Defects under Cell Phone Radiation- Documentation from a Pig Farm].

掲載誌: Umwelt-Medizin-Gesellschaft 2014; 27 (3): 182-191
Journal partially peer-reviewed/unclear

この論文は、ドイツのバイエルン州パッサウのある養豚場から約300mの地点における携帯電話基地局の設置の7年前および3年後の豚の生殖力を比較した。母獣の数は133頭から140頭に増加したにもかかわらず、仔の数が年間2908頭から2576頭に低下した。

研究目的(著者による)

携帯電話基地局設置後の雌ブタの繁殖力および子ブタの奇形発生率に関するデータを設置前のデータと比較すること。

詳細情報

At the end of April 2009年4月末に、ドイツの低地バイエルン州パッサウのブタ農場(今回の調査対象)から約300mの距離に携帯電話基地局が設置された。今回の調査は、1) 基地局設置前(2002-2009年)と2) 設置後(2009-2011年)の2つの機関のデータを比較した。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900 MHz
ばく露時間: continuous
  • 電力密度: 700 µW/m² maximum (in the stables after onset of transmitter)
  • 電力密度: 1,200 µW/m² maximum (near the farm after onset of transmitter)
  • 電力密度: 1 µW/m² maximum (near the farm before onset of transmitter)

ばく露1

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous
Additional information GSM-900 signal
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 基地トランシーバ局
Distance between exposed object and exposure source 300 m
チャンバの詳細 stables in buildings made of massive brick walls
ばく露装置の詳細 pigs were housed in groups; mobile phone base station with 3 GSM 900 transmitters in approximately 300 m distance to the farm
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 700 µW/m² maximum 測定値 - in the stables after onset of transmitter
電力密度 1,200 µW/m² maximum 測定値 - near the farm after onset of transmitter
電力密度 1 µW/m² maximum 測定値 - near the farm before onset of transmitter

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

雌ブタの数は平均で設置前の133頭から設置後は140頭に増えたにも拘わらず、年当たりの子ブタ出生数の平均は、設置前の2908頭から設置後は2576頭へと減少した。さらに同腹仔の数は、一頭の雌ブタで年当たり、2.17から2.09へと有意に減少した。

結果として、一頭の雌ブタから生まれる年当たりの子ブタの数は、設置前の23.5 頭から設置後は 20.6頭に有意に減少した。この原因として考えられるのは、授精失敗率の有意な上昇である(設置前17.6% 、設置後(25.7%)。

送信機の運用開始から数ヶ月で、新生仔ブタに雌雄同体および頭部、腹部、下肢の奇形の数の上昇が観察された(有意性に関する情報無し)。

新生仔ブタの性比が、設置後、雌の数が増加する傾向へと有意に変化した。

著者らは結論として、「新生仔ブタでの奇形の増加、雌ブタでの繁殖力の問題は、農場付近での携帯電話基地局設置後のことと想定される可能性がある。これは、獣医学だけでなく、ヒトの医学においても関連があるかも知れない」と述べている。

研究の種別:

研究助成

関連論文