[パルス電磁界投与は乳房縮小術後の患者の疼痛に影響する] med. app.

Pulsed electromagnetic fields dosing impacts postoperative pain in breast reduction patients.

掲載誌: J Surg Res 2015; 193 (1): 504-510

この研究は、乳房縮小術後の患者を対象に、パルス電磁界PEMF)の術後疼痛軽減効果を調べることを目的に、前向きで非無作為化の監視コホート研究を2通り実施し、前回報告した二重ブラインド化臨床試験の結果と比較した。監視コホート研究では、2時間に15分間のPEMF(Q2アクティブ)、20分間に5分間のPEMF(5/20アクティブ)の2種類の処方をそれぞれ実施した。前回の臨床試験では4時間に20分間のPEMF(Q4アクティブ)で、Q4擬似に比較して有意な疼痛軽減効果が見られたという。いずれの場合も疼痛は、可視的アナログ尺度法および麻酔剤使用量で評価した。その結果、前回のQ4擬似に比較して、Q2アクティブでは有意な疼痛軽減効果が見られたが、5/20アクティブでは軽減効果が見られなかった、と報告している。

ばく露