研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ナノ秒電気パルスばく露で副腎のクロム親和性細胞は膨化しない] med./bio.

Adrenal chromaffin cells do not swell when exposed to nanosecond electric pulses.

掲載誌: Bioelectrochemistry 2015; 103: 98-102

この研究は、高強度ナノ秒電気パルス(NEPs)が形質膜の透過性を高め、浸透細胞膨化を引き起こすメカニズムを検討した。細胞膨化のメカニズムの候補として、5ナノ秒NEPsが、神経内分泌性である副腎クロム親和性細胞からのカテコールアミン放出のトリガーとなる可能性を検証した。5-6MV/mの5ナノ秒NEPsばく露の前および10秒後の細胞の走査電子顕微鏡の明視野像の面積を比較して膨化を測定した。その結果、単発パルスおよび10発連続パルス(繰り返し周波数10Hzおよび1kHz)のいずれにおいても、クロム親和性細胞の膨化は観察されなかった;50発連続パルスの場合も膨化は見られなかったが、Jurkat Tリンパ芽球細胞では15% の細胞面積増加が見られた、と報告している。

ばく露