研究のタイプ: サーベイ (医学/生物学の研究)

[無線周波電磁界ばく露によるミエリン損傷は機能障害を伴う電磁過敏症の理解に役立つか?:証拠のレビュー] review

Could myelin damage from radiofrequency electromagnetic field exposure help explain the functional impairment electrohypersensitivity? A review of the evidence.

掲載誌: J Toxicol Environ Health B Crit Rev 2014; 17 (5): 247-258

この総説は、一生涯におけるミエリンの働きのアウトラインを解説し、このミエリンの完全性と低レベル無線周波電磁界RF-EMFs)ばく露との関連性の証拠についてレビューした。その結果、ミエリン鞘多発性硬化症やその他のミエリン関連性疾患に関する細胞研究および疫学研究のデータは非常に少ない;しかし、仮にミエリンがRF-EMFsばく露の影響を受け、それが脱随疾患の端緒になると仮定すれば、これまでの多様な分野の少数の研究結果から一つの像が表れる;ただし、電磁過敏症症状の多くは、脱随ではなく神経伝達損傷で説明されるのかも知れないものであろう、と述べている。

影響評価項目

ばく露