[磁気神経刺激のコンパクトな理論:照準の程度の予測] tech./dosim.

A compact theory of magnetic nerve stimulation: predicting how to aim.

掲載誌: Biomed Eng Online 2014; 13: 53

この研究は、治療の手引きとなるような、磁気神経刺激が起きる時間と場所を定量的に予測するコンパクトな理論として、1個または2個のコイルにより興奮が誘導される組織の標的体積を定める方程式を提供した。体表に置かれたコイルにより生体内に発生する電磁界を簡素化して記述し、次に軸索に単純化ケーブル理論を適用してその興奮特性を記述した。最後に、両者の数学的な合成により、生体内電磁界中のいろいろな位置と向きの軸索の興奮性を計算し、体表コイル電気的条件により興奮が誘導される組織の体積が予測できることを示した。

ばく露