研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[マイクロ波ジアテルミー機器を操作する理学療法士が報告した疲労の有病率] epidem.

Prevalence of fatigue reported by physiotherapists operating diathermy equipment for microwave.

掲載誌: Rev Bras Epidemiol 2014; 17 (3): 577-581

この研究は、マイクロ波ジアテルミー機器を操作する理学療法士が報告した疲労有病率マイクロ波ジアテルミーへのばく露について調べた。ブラジルのパラナ州西部の4都市の理学療法士193人を対象とした横断調査である。ウェブサイト上での構造的質問票調査により、ジアテルミー機器へのばく露状況、潜在的交絡因子、多次元疲労評価(MAF)のデータを収集した。その結果、マイクロ波ジアテルミーへの高ばく露群では、非ばく露群に比べ、疲労の有症率が15%高かった;
多変量ロジスティック回帰分析で、マイクロ波ジアテルミーへのばく露疲労の有症率に独立的関連が見られた、と報告している。

ばく露