[3つの異なる妊娠段階の解剖学的CADモデルを用いた胎児のRFばく露の定量化] tech./dosim.

Quantification of RF-exposure of the fetus using anatomical CAD-models in three different gestational stages.

掲載誌: Health Phys 2014; 107 (5): 369-381

この研究は、3つの異なる妊娠段階の妊婦とその胎児解剖学的CADモデルを用いて、無線周波電磁界RF)の近傍界および遠方界ばく露を解析した。母親および胎児の全身SARが基本制限値に達する外部電力密度を、遠方界ばく露は全身共振周波数および450-2450 MHzの範囲の周波数で評価した。近方界ばく露は、母親腹部周辺の様々な位置の半波長ダイポール(一般的発生源を表す)を発生源として450、900、2450 MHzで評価した。その結果、母親のばく露は、参考レベルにおいて常に基本制限以下あるいは同じオーダーであった;公衆の参考レベルを適用する場合、胎児は母親により十分に遮蔽されている;しかし、母親に職業的参考レベルを適用した場合、胎児は公衆の基本制限値を超過する可能性がある、と報告している。

ばく露