[挫滅損傷させたラット坐骨神経の再生に対するパルス化電磁界(PEMF)とヒト歯髄間質細胞およびFK506との併用治療の効果] med./bio.

Co-treatment Effect of Pulsed Electromagnetic Field (PEMF) with Human Dental Pulp Stromal Cells and FK506 on the Regeneration of Crush Injured Rat Sciatic Nerve.

掲載誌: Int J Neurosci 2015; 125 (10): 774-783

この研究は、挫滅損傷させたラット坐骨神経再生に対するパルス電磁界PEMF)とヒト歯髄間質細胞(hDPSCs)およびFK506(タクロリムス:免疫抑制剤)との併用治療の効果を調べた。6月齢のSD雄ラット6群(各群n=18:対照群、PEMF群、FK506 F群、PEMF + hDPSCs F群、PEMF + FK506 F群、PEMF +hDPSCs +FK506 F群)で実験した。hDPSCsは手術的損傷直後に挫滅部位へ注入した。FK506は、単独群では3週間、併用群では手術的損傷の1日前から7日後まで投与した。ラットは3週間フォローアップし、hDPSCs はPKH26による生細胞染色でトラッキングした。その結果、3週間後、PEMF + FK506 F群、PEMF +hDPSCs +FK506 F群では対照群に比べ、坐骨神経機能指数、脊髄後根神経節(DRG)における軸索の数と密度およびPKH26ラベル神経細胞数の大きな増加が見られた;DRGにおける軸索の数と密度およびPKH26ラベル神経細胞数の増加はPEMF群より大きかった、などを報告している。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文