[トランスクリプトーム解析はミリ波ばく露に対する細胞の反応における熱的および特異的作用の寄与を明らかにする] med./bio.

Transcriptome Analysis Reveals the Contribution of Thermal and the Specific Effects in Cellular Response to Millimeter Wave Exposure.

掲載誌: PLoS One 2014; 9 (10): e109435-1-e109435-10

この研究は、培養器中でヒトケラチノサイト初代培養細胞単層に60GHzのミリ波MMW:20mW/cm2)をばく露し、全遺伝子発現に対する影響を調べた。MMWばく露装置はガンオシレータとホーンアンテナで構成し、細胞単層表面の電力密度、単層内部SAR(平均594W/kg、ピーク値1233W/kg)を制御した。実験は、MMW群、擬似ばく露群、高温群、温度一定制御下でのMMW群とし、いずれも3時間ばく露し、温度をモニタした。その結果、MMW群では、温度が上昇し(約43℃)、ケラチノサイトの665個の遺伝子発現が変化した;温度一定制御下でのMMW群(約35℃)では、遺伝子発現の変化は観察されなかった;高温群(約43℃)では、MMW群と同じ変化にはならず、高温下でのMMW特異的な変化が34個の遺伝子発現に見られることが示唆された、と報告している。

ばく露

関連論文