研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ヒト切断下肢に対する電力周波数電圧の影響] med./bio.

Effects of power frequency voltages on amputated human limb.

掲載誌: Br J Ind Med 1969; 26 (3): 224-230

この研究は、切断された新鮮なヒト下肢(大腿-中脚部:人工心肺装置を連結)に50Hzの40-500V間の電圧直流の120-240V間の電圧を印加し、電流電圧を時間の関数として記録した。その結果、直流では時間と共に電流が増加し、僅かな皮膚損傷が起き、電流印加のオンオフ時に筋肉の強縮が起きた;交流の30-80Vでは、時間と共に電流が増加し、皮膚損傷も増加した;交流の250-500Vでは、電流は急速に増加し、印加オフと同時に急速に低下した;筋肉強直けいれんは、その後間代性けいれんに移行し、電撃事故で見られる状態が観察された、と報告している。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露