研究のタイプ: レビュー/サーベイ論文

[電磁界はDNAと直接に相互作用するか?] review

Do electromagnetic fields interact directly with DNA?

掲載誌: Bioelectromagnetics 1997; 18 (2): 111-115

この総説は、電磁界細胞の生合成を変化させるメカニズムについて、様々な候補を検討している。著者の見解では、「電磁界はまず細胞膜と相互作用するとこれまで仮定されてきたが、作用経路はこれが唯一ではないかも知れない」、「膜のK-ATPaseの信号伝達に関する最近の研究は、酵素内の可動電荷電界または磁界との直接の相互作用が最も適した説明であることを示している」などと述べている他、電磁界のDNAとの直接作用についても言及している。

この論文に対するコメント