研究のタイプ: レビュー (治療に関する研究)

[大うつ病性障害における非侵襲的脳刺激試験の生物学的マーカ:系統的レビュー] review

Biological markers in noninvasive brain stimulation trials in major depressive disorder: a systematic review.

掲載誌: J ECT 2014; 30 (1): 47-61

このレビューは、経頭蓋磁気刺激TMS)および経頭蓋直流刺激tDCS)を用いたうつ病治療の介入試験研究のうち、生物学マーカ(BMs)をアウトカム指標とした研究を、2012年11月以前に公表された英語論文に限定して文献調査した。一次調査で収集した1234件のうち、52論文を分析に含めた。これらは全てTMSの研究であった。BMsは、免疫および内分泌血清マーカ神経学的画像(ファンクショナルMRI、単光子エミッションCT、ポジトロンエミッションCTなど)、電気生理学的データであった。結果として、12件の研究では、エンドポイントのBMsが臨床的結果と有意に関連しなかった;全ての研究が、主要な臨床評価スコアにおいては有意な結果に達していた;BMsは、反応の予測子、TMSのメカニズム理解の手がかり、安全性の代替指標として用いられていた、と報告している。

影響評価項目

ばく露