[ショウジョウバエの卵形成中のアポトーシス細胞死は電磁界の変調、強度およびばく露時間に依存して差別的に増加する] med./bio.

Apoptotic cell death during Drosophila oogenesis is differentially increased by electromagnetic radiation depending on modulation, intensity and duration of exposure.

掲載誌: Electromagn Biol Med 2016; 35 (1): 40-53

この研究は、ショウジョウバエの卵形成中のアポトーシス細胞死生物学的影響の指標として、それらの影響の電磁界ばく露条件への依存性を調べた。放射モード連続波(CW)と周波数変調波(FM)、出力レベルは3段階(10 dB, 0, -10 dB)、搬送周波数は4種類(100, 395, 682, 900 MHz)とした。新たに発生したハエに、急性の1回ばく露(6日齢時に6分間または60分間)または反復ばく露(誕生から6日齢まで、毎日1回6分間または60分間)を与えた。その結果、全てのばく露条件において(非常に低い電界レベルであっても)、卵巣でのアポトーシス細胞死(ACD)増加が観察された;FMの方がCWよりACDへの影響が大きかった;強度および時間的なばく露パターンに関しては、反応の大きさに何らの線形性は見られなかった、と報告している。

ばく露

研究助成