[2-50GHzの範囲で生体試料の誘電特性を測定する実験的手順] med./bio.

Experimental Procedure for Determination of the Dielectric Properties of Biological Samples in the 2-50 GHz Range.

掲載誌: IEEE J Transl Eng Health Med 2014; 2: 4300108-1-4300108-8

この研究は、2-50GHzの範囲、室温で、種々の細胞株の複素誘電率を測定する実験的手順を試験し、測定結果を吟味した。細胞懸濁液の複素誘電率を開放終端同軸プローブで測定し、次に、マクスウェルの方程式を用いて、細胞懸濁液と純粋培養液との間の誘電率の差からの細胞の複素誘電率分布を計算した。結果として、開放終端同軸プローブ法は擾乱に非常に敏感なため、精度は乏しいことが示されたと述べ、種々の細胞株について、懸濁濃度と周波数を変えた場合の誘電率の実部と虚部の変化を報告している。

ばく露