[複数の周波数バンド、複数のシステムの携帯電話による人体ばく露に関する電磁界評価] tech./dosim.

Field Evaluation of the Human Exposure From Multiband, Multisystem Mobile Phones.

掲載誌: IEEE Trans Electromagn Compat 2013; 55 (2): 275-287

この研究は、実際のネットワーク環境における携帯電話の出力制御機構の影響を評価した。携帯電話は最大出力時に測定された比吸収率SARで安全性が評価されているが、通常使用中の出力制御機構により、ばく露はどのように変化するかを評価した。測定したのは、GSM900、DCS1800、UMTS1950である。開発した測定系はダイナミックレンジ60dB、測定値の不確かさはGSMで1dB未満、UMTSで1.5dB未満であった。スイスの都市部、郊外の3つのネットワークにおいてこれら携帯電話を評価した結果、出力制御機構のダイナミックレンジ(30dB)に比べGSM機の平均出力の変化は小さかった(-2dBから-10dBまで);UTMS機の平均出力はGSM機の平均出力の100分の1未満であった、と報告している。

ばく露