[経頭蓋直流電流刺激下でのWiiのバランスボードとMicrosoftのKinectを用いた立位姿勢のポイント·オブ·ケア検査:実現可能性研究] med. app.

Point-of-care-testing of standing posture with Wii balance board and Microsoft Kinect during transcranial direct current stimulation: a feasibility study.

掲載誌: NeuroRehabilitation 2014; 34 (4): 789-798

この研究は、立位姿勢のポイント•オブ•ケア検査(POCT)を開発し、併せて、フィードバック機構(WiiのバランスボードとMicrosoftのKinect)付きの立位姿勢訓練に組合せた陽極経頭蓋直流電流刺激tDCS)の効果をPOCTにより評価した。まず、POCTを、バランス機能評価スコア(BBS:ベルグバランス尺度)、および姿勢動揺検査(立位保持課題中の足部の圧中心(CoP)の身体重心(CoM)からの位置を測定)に基づき開発した。次に、単ブラインド実験により、5人の健康な右足利きの被験者で、右前脛骨筋の一次運動皮質表象への陽極tDCSおよび擬似tDCSの2つの条件下で立位姿勢訓練を行い、POCTによる評価を行った。その結果、陽極tDCSの影響がPOCTの一部の指標に表れた、と報告している。

ばく露