研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[多様な体重の被験動物における心室細動に要する60Hz電流の閾値] med./bio.

Threshold 60-Hz Current Required for Ventricular Fibrillation in Subjects of Various Body Weights.

掲載誌: IEEE Trans Biomed Eng 1973; 20 (6): 465-468

この研究は、様々な体重の被験動物に体表電極から電流を与え、心室細動に要する60Hz電流閾値を調べた。体表上の電極の位置も変化させて調べた。被験動物は、ウサギ、子犬、成犬、サル、ヤギ、ポニーである。その結果、体重が一定の場合、電流ばく露時間が細動閾値に影響した;ばく露時間が1秒以下の場合、より多くの電流を要した;電流ばく露時間が一定の場合、細動閾値は体重と電極位置の関数となった;電極位置が第1誘導(右手-左手)の時に閾値は最小、第3誘導(右手-左足)の時には閾値は最大となった;ばく露時間が5秒の場合、細動閾値はおおよそ体重の平方根に比例した、と報告している。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露