研究のタイプ: レビュー/サーベイ論文

[松果体とがん] review

The pineal gland and cancer.

掲載誌: Anticancer Res 1996; 16 (4A): 2033-2039

松果体は光の情報を内分泌応答へと変換する伝達過程に関係する主な器官と考えられている。松果体とそのホルモンであるメラトニンは重要な時間調整物質として見られており、メラトニンの減少が実験的・臨床的に免疫不全、しいては新生物生成プロセスの制御と関係している。さらに、メラトニンはその投与時期に依存するが、腫瘍刺激ホルモンであり、メラトニン概日リズムがん患者では変化し、このリズムは治療の結果として変化する。また電磁界松果体機能に影響し、たぶん時間同調因子として働き、EMF関連のガンの発達に重要な役割をもっているように思われる。