[COMAR技術情報ステートメント:無線周波の安全性と電力会社のスマートメータ] comment

COMAR finding on radiofrequency safety and utility smart meters.

掲載誌: IEEE Electromagn Compat Mag 2013; 2 (4): 71

このレターは、COMARの技術情報ステートメントの紹介である。このステートメントは米国電気電子学会IEEE)の「人と放射線に関する委員会(COMAR)」が公表した。電気事業者のスマートメータは、その出力が低いこと(約1Wかそれ以下)とデューティ比が非常に小さいこと(一般的に1%未満)から、メータの近くの立ち入り可能な場所での無線周波RF)電磁界は、米国の連邦通信委員会(FCC)及び国際非電離放射線防護委員会ICNIRP)の限度値よりもはるかに低くなることを踏まえ、COMARは「そのようなばく露は一般的に、現代の家庭で見られる多数のRF放射製品からのばく露レベルよりも低い」と結論した。

ばく露

コメントがつけられた論文