[シスプラチン投与したヒト神経芽細胞腫SH-SY5Y細胞株に対する非一様静磁界(31.7-232.0mT)ばく露の影響] med./bio.

Impact of Inhomogeneous Static Magnetic Field (31.7-232.0 mT) Exposure on Human Neuroblastoma SH-SY5Y Cells during Cisplatin Administration.

掲載誌: PLoS One 2014; 9 (11): e113530-1-e113530-19

この研究は、抗がん治療中の患者のMRI検査における静磁界ばく露の影響を検討するために、インビトロシスプラチン(cisPt)投与したヒト神経芽細胞腫SH-SY5Y細胞株に対する非一様静磁界(31.7-232.0mT)ばく露の影響を調べた。5段の棚の第1、3、5段の中央にネオジウム磁石(約5cm×5cm×2.5cm:表面磁束密度約400mT)を置き、その中間の第2、4段に培養フラスコを置いて、非一様な空間分布の静磁界(31.7-232.0mT)へのばく露を行った。その結果、無処置対照群に比べ、cisPt+SMF(2時間)群では、細胞の生存率低下、アポトーシス関連の切断型カスパーゼ3タンパク質の過剰発現活性酸素種ROS)産生増加、ミトコンドリア数減少などが見られた;SMF単独ばく露(最大24時間)では、細胞生存率に変化はなく、ROS産生増加や細胞形状変化が見られた、と報告している。

ばく露