[NMDA受容体とマイクロ波誘導性の学習・記憶の障害との関係:ウィスターラットでの長期観察] med./bio.

The relationship between NMDA receptors and microwave-induced learning and memory impairment: A long-term observation on Wistar rats.

掲載誌: Int J Radiat Biol 2015; 91 (3): 262-269

この研究は、ウィスターラット(n=80)において、高レベルのマイクロ波ばく露学習記憶の継続的障害を引き起こすか否かを調べた。パルス化した2.856 GHz(電力密度0、50mW/cm2)を6分間ばく露した。空間記憶能力、海馬の構造、海馬神経伝達物質、NメチルDアスパラギン酸受容体(NMDAR)サブユニット1、2A、2B の発現ばく露の1、3、6、9、12、18ヶ月後に調べた。その結果、ばく露以後継続して空間学習記憶の障害が見られた;神経伝達物質のレベルも、ばく露以後低下した;NMDARサブユニット1および2B の発現が低下した、と報告している。

ばく露