研究のタイプ: レビュー (疫学研究)

[電磁界への職業ばく露と成人白血病:疫学的証拠のレビュー] review

Occupational exposure to electromagnetic fields and adult leukaemia: a review of the epidemiological evidence.

掲載誌: Radiat Environ Biophys 1996; 35 (4): 237-242

超低周波電磁界への職業ばく露成人白血病との関係は、過去10年間にわたり広範囲に研究されてきた。最初の研究は、職種のタイトルなどによる推定などで、交絡因子についてはまったく考慮しないか、考慮しても僅かであった研究のよっている。結果は一致しておらず、研究の約50%は影響なしで、残りは僅かに影響があることを報告している。このような未熟なばく露評価方法が、結果の推定を薄めているのではないのか、ばく露評価に用いている方法の改善によりより一致した関連性が得られるのではないかなどの懸念が起きた。個々では、交絡因子の制御と共にかなりばく露評価が改善された最近の研究をレビューする。作業場所の磁界測定でのばく露評価による研究では、まだ結果に一致が見られない。これらの研究は、磁界ばく露成人白血病、特に慢性リンパ球白血病との関係をサポートしているが、研究間、研究内で一貫性がないところから、その証拠が弱い。一貫性がないのは、研究デザインと研究対象被験者などの違いによって理解できるが、現状の証拠では、確固たる結論を導くことはできない。

影響評価項目

ばく露