[オランダでの人口ベースの職業ならびに環境の保健に関する前向きコホート研究(AMIGO)] tech./dosim.

The population-based occupational and environmental health prospective cohort study (AMIGO) in the Netherlands.

掲載誌: BMJ Open 2014; 4 (11): e005858

この研究は、オランダでの、職業ならびに環境でのばく露因子と健康の関連に関する人口ベース前向きコホート研究(AMIGO:オランダ語で「職業と環境の健康調査」の頭文字:男性6561人、女性8268人:コホートメンバ(31-65歳)の登録完了2012年)について、調査デザインと今後の計画を述べている。調査するばく露因子は、化学的、生物学的、物理的(電磁界を含む)、心理学的因子。主要なアウトカムは、がん神経学疾患心臓血管系疾患呼吸疾患、ならびに非特異的症状コホートの基本的特性ならびに調査システムについて事前チェックを完了し、今後20年以上にわたるフォローアップに入ったと報告している。

ばく露