研究のタイプ: レビュー/サーベイ論文

[フィンランドでの高電圧システムによる電界・磁界の健康リスク] review

Health risks of electric and magnetic fields caused by high-voltage systems in Finland.

掲載誌: Scand J Work Environ Health 1996; 22 (2): 85-93

発電および送電で、商用周波電磁界EMF)が健康に及ぼす影響についての研究が9つのプロジェクトとして行なわれた。研究の主目的は、健康への影響としての電磁界ばく露の重要性、電力会社での電磁界の適切なデータ作成、そして環境要因としての電磁界研究援助および活性化である。電磁界は環境要因としては僅かなものだと考えられがちだが、110kVの送電線付近でさえも確認され、心臓ペースメーカの妨害原因となる電界強度(約1.5kV/m)を除き、健康への影響について確信はなくまた議論の的となった。今後、電磁界生物との相互作用メカニズムに焦点を当てた更なる研究が必要とされる。

ばく露