[パルス化無線周波電磁界はラット脊髄の分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼの活性化を阻害し、初期神経因性疼痛を緩和する] med./bio.

Pulsed radiofrequency inhibited activation of spinal mitogen-activated protein kinases and ameliorated early neuropathic pain in rats.

掲載誌: Eur J Pain 2014; 18 (5): 659-670

この研究は、脊髄神経部分結紮(SNL)ラットモデルを用い、神経傷害による疼痛発症および脊髄分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼ(MAPKs)の活性化に対するパルス無線周波電磁界(PRF:左第5腰神経後根神経節に処方)の有効性を調べた。機械的刺激および熱刺激に対する侵害受容行動テストを実施し、また脊髄後角でのMAPK活性化などを測定した。その結果、SNLラットは1週間にわたって神経因性疼痛および脊髄後角でのMAPK活性化を示した;PRF処置により、SNLに誘導された機械的異痛症および熱痛覚過敏は有意に低下し、MAPK活性化は阻害された、と報告している。

ばく露