[ファントムおよびインビボでのSARによる温度上昇の測定と数値シミュレーションとの比較] tech./dosim.

Measurement of SAR-induced temperature increase in a phantom and in vivo with comparison to numerical simulation.

掲載誌: Magn Reson Med 2014; 71 (5): 1923-1931

この研究は、無線周波電磁界エネルギーの比吸収率SAR)による温度上昇の数値計算値と実験測定値を比較した。ファントムおよび人体前腕の直近でMRI円形表面コイルを駆動させ、ファントムおよび人体前腕の内部の温度上昇をプロトン共鳴周波数シフトによる磁気共鳴サーモグラフィで測定した。またファントムおよび人体前腕のMRI画像に基づくモデルでSARおよび温度上昇を数値計算した。その結果、ファントムでの温度上昇分布の測定値と計算値は良く一致した;前腕では、相対的分布は一致したが、温度上昇最大値は計算値の方が25%高かった、と報告している。

ばく露