[慢性で難治性の腰仙部神経根痛に対するパルス化無線周波:6ヵ月間のコホート研究] med. app.

Pulsed Radiofrequency for Chronic Intractable Lumbosacral Radicular Pain: A Six-Month Cohort Study.

掲載誌: Pain Med 2015; 16 (6): 1155-1162

この研究は、慢性で難治性の腰仙部神経根痛をもつ患者の後根神経節(DRG)へのパルス無線周波電磁界(PRF)治療の効果をコホート調査した。スクリーニングした患者461人から同質の調査集団を作成するために65人を抽出して、調査コホートとした。脊髄のL5またはS1のDRGにPRF治療を実施した。治療効果を、治療後6週間後、3ヵ月後、6ヵ月後に、痛み軽減の成功率、生活の質により評価した。その結果、6週間、3ヵ月、6ヵ月後の治療成功率はそれぞれ56.9%、52.3%、55.4%であった;生活の質の評価では、身体的スコアは有意に改善したが、心理的スコアは変化しなかった、と報告している。

ばく露

この論文に対するコメント