[耳鳴り関連の苦痛の減少を目的とした経頭蓋直流電流刺激とテイラーメイドの除去音楽療法の組み合わせ:パイロット研究] med. app.

Combining transcranial direct current stimulation and tailor-made notched music training to decrease tinnitus-related distress--a pilot study.

掲載誌: PLoS One 2014; 9 (2): e89904-1-e89904-11

この研究は、経頭蓋直流電流刺激tDCS:2 mA、能動電極を左聴覚皮質、参照電極を眼窩上縁皮質)とテイラーメイドの除去音楽療法(TMNMT)の組み合わせによる耳鳴り治療効果を調べた。TMNMTとは、患者の耳鳴り周波数を中心としたオクターブ幅の周波数帯域デジタル的に除去した音楽を聴く訓練である。耳鳴りがあり、重度の聴力損失がない患者(n=32)を3群に分け、陽極性tDCS(n=10)、陰極性tDCS(n=11)、擬似的tDCS(n=11)に割り当てた。10日連続でTMNMT(1日2.5時間)を行い、最初の5日間は、TMNMTの開始から30分間、TMNMTと同時にそれぞれのtDCS処置を与えた。その結果、所定の耳鳴り評価スコアによれば、10日間の治療有意な治療効果を示した;一方、3つのtDCSによる治療効果の差は無かった、と報告している。

ばく露