[コメント:「架空高圧電力線からの出生時の住居の距離:英国における1962-2008年の小児がんリスク」について] comment

Comment on 'Residential distance at birth from overhead high-voltage powerlines: childhood cancer risk in Britain 1962-2008'.

掲載誌: Br J Cancer 2014; 111 (11): 2199-2200

このコメントは、Bunchらの論文「架空高圧電力線からの出生時の住居の距離:英国における1962-2008年の小児がんリスク」(Br J Cancer 2014; 110: 1402–1408)に対するものである。論文は、距離600mまでにおける小児白血病の過剰リスクが1960年代を最高として、10年刻みの年代とともに小さくなったことを示している。これについて、1960年代以降の電力需要の変化、70年代の送電線建設ラッシュ、高圧送電線建設の開始時期などの経緯、送電線以外に変電所の関与などが分析で考慮されていないこと;Kinlenの小児白血病発症に関する人口混合説に鑑み、送電線の建設地域への渡り労働者の流入に言及されていないこと、などを指摘している。

ばく露

コメントがつけられた論文