[900/1800 MHzで動作する携帯電話の安全側で見た現実のばく露レベルとインビトロ研究での最大ばく露レベルとの乖離] tech./dosim.

The discrepancy between maximum in vitro exposure levels and realistic conservative exposure levels of mobile phones operating at 900/1800 MHz.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2015; 36 (2): 133-148

この研究は、2002年から現在までに公表され、900/1800 MHzの電磁界の影響の可能性を調べたインビトロ研究80件をレビューし、それらの研究で用いられたばく露レベルを、900/1800 MHzで動作する携帯電話の現実のばく露レベルと比較した。その結果、80件のうち51件で用いられた、細胞培養液(評価対象の細胞を含む)で平均したばく露レベルの最大値は2W/kgまたはそれ以下であったが、ばく露の非一様性は考慮されていない;比較のために数値計算で推定した、900/1800 MHzの発生源からの体表近くの組織皮膚血液筋肉)のばく露レベルは、40W/kgを超過した;インビトロ研究は、現実の携帯電話ばく露リスクの分析には不十分な値を用いている可能性がある、と述べている。

ばく露