研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ナノ秒パルス化電界へのばく露に反応した自食作用の活性化] med./bio.

Activation of autophagy in response to nanosecond pulsed electric field exposure.

掲載誌: Biochem Biophys Res Commun 2015; 458 (2): 411-417

この研究は、ナノ秒パルス電界(nsPEF)へのばく露の後に、細胞の食作用が活性化されるか否かを調べた。その結果、毒性水準以下の強度のnsPEFで自食作用が活性化され、これは膜損傷を修復するための代償メカニズムと考えられる;ばく露時間が長くなると、細胞死が増加し、それと同時に自食作用マーカも減少した、と報告している。

ばく露