研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ラットにおけるチョウセンゴミンの成分リグナンの薬物動態に対する経穴ST36の鍼の影響] med./bio.

Effects of acupuncture at ST36 on pharmacokinetics of Schisandra lignans in rats.

掲載誌: Acupunct Med 2015; 33 (3): 223-229

この研究は、SD雄ラット(n=12)を、チョウセンゴミン(SC)投与群、SC+鍼治療群に分け、それぞれの群におけるSC成分であるリグナンの血漿中の薬物動態に対する鍼治療の影響を調べた。鍼治療は、足三里(ST36)に通常の鍼治療を20分間、次に刺入した針電極から50Hz、1-3mAの電流刺激を10分間与えた。その結果、鍼治療併用群においてリグナン吸収促進が観察された、と報告している。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露