[インビトロの細胞でのミリ波実験におけるばく露不均一の低減] tech./dosim.

Reduction of Exposure Inhomogeneity for Millimeter-Wave Experiments on Cells In Vitro.

掲載誌: IEEE Trans Microw Theory Tech 2015; 63 (2): 533-545

この研究は、ミリ波の影響に関するインビトロ実験で細胞が同一強度のばく露を受けるようにすることを検討課題とした。遠方界ばく露を受けた35mmペトリ皿内のSARの標準偏差(SD)を小さくことを目標に、種々のばく露シナリオにおける最適化を数値計算により行った。なお、チョークリングをペトリ皿の下に置き、散乱波のキャンセルによるSARのSDの減少を図った。ばく露シナリオとして、平面波ばく露および種々の電力半値幅のアンテナによるばく露を取り上げ、入射波の伝搬方向、偏波方向を変化させ、周波数は42.3、53.6、61.2、60.5GHzとした。結果として、チョークコイルを用いることによりSARのSDが10%以下になることが示された、と報告している。

ばく露