[ギリシャにおける2008年から2013年までの無線周波ばく露レベルのin site測定:マルチパラメトリック年次分析] tech./dosim.

In situ measurements of radiofrequency exposure levels in Greece from 2008 to 2013: A multi-parametric annual analysis.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2015; 36 (4): 325-329

この論文は、ギリシャ原子力委員会(EEAE)が、無線周波電磁界ばく露制限の遵守を検証するために、2008年から2013年まで、ギリシャ全土の携帯電話基地局周辺の6000カ所以上で実施した周波数選択的な現場測定に関する4705の報告書を初めて事後処理し、マルチパラメトリック年次分析した。分析は、年度、環境(都市、郊外など)、周波数バンドTV、FM、GSM、DCS、UMTSなど)、その基地局を共用するプロバイダの数による分類などに基づいて行った。全般的には、測定結果のほとんどが公衆ばく露参考レベルを下回っていた、と結論している。

ばく露