研究のタイプ: サーベイ (疫学研究)

[携帯電話の電磁放射は脳腫瘍を引き起こし、「ヒトに対して恐らく発がん性がある(2A)」に分類されるはずである(レビュー)] review

Mobile phone radiation causes brain tumors and should be classified as a probable human carcinogen (2A) (Review).

掲載誌: Int J Oncol 2015; 46 (5): 1865-1871

このレビューは、携帯電話使用と脳腫瘍リスクの関連を評価したフランスの全国調査(CERENAT)に注目している。「この研究は、携帯電話使用と脳腫瘍リスクについての一連の証拠をさらに補強した」、「CERENATではコードレス電話の使用は調査しなかったが、これを調査に加えれば、CERENATで報告された神経膠腫リスクはさらに上昇した可能性が高い」など、著者らの見解を主張している。その上で、IARCの発がん分類のクライテリアによれば、無線周波電磁界は「ヒトに対して恐らく発がん性がある(2A)」に分類されてしかるべきである、と結論している。

影響評価項目

ばく露