[一様な交流電界内の細胞の誘電的凝集の動力学] tech./dosim.

Dielectric aggregation kinetics of cells in a uniform AC electric field.

掲載誌: Biorheology 2014; 51 (6): 381-397

この研究は、細胞への電界の印加を操作することにより、足場を用いずに細胞の3次元的配置を設計する可能性を、理論的、実験的に検討した。まず、双極子-双極子の相互作用下での細胞の運動方程式を理論的に解き、直線的な紐状のクラスタを形成するのに必要な時間を算出した。また、HeLa細胞による実験を行い、結果と計算と比較した。その結果、実験では、紐状クラスタは形成されず、チャンバの底に塊状のクラスタが形成された;電界印加による長手方向の紐状クラスタの形成は急速に進行して、すぐに横手方向の短い細胞列の凝集が起きるためではないかと考察している。

ばく露