[培養ヒト細胞におけるプログラムされた炎症の消散の経路のマーカに対するパルス化電磁界治療の影響] med./bio.

Effect of pulsed electromagnetic field treatment on programmed resolution of inflammation pathway markers in human cells in culture.

掲載誌: J Inflamm Res 2015; 8: 59-69

この研究は、皮膚の外傷性炎症に関係する培養細胞株(ヒト皮膚線維芽細胞、ヒト表皮角化細胞、ヒト単核細胞)を用いて、炎症の急性期および消散期に関与する遺伝子発現に対するパルス電磁界PEMF)の影響を調べた。実験結果に基づけば、PEMFが、炎症抑制および消散に重要な遺伝子発現を仲介することにより、炎症の長期的消散を促進する可能性を示すモデルが示唆された、と報告している。

ばく露