研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[英国における1.5および3.0テスラのスキャナを取り扱うMRIスタッフの一過性の症状] epidem.

Transient health symptoms of MRI staff working with 1.5 and 3.0 Tesla scanners in the UK.

掲載誌: Eur Radiol 2015; 25 (9): 2718-2726

この研究は、英国の医療施設でMRIを取り扱っている放射線技師やその他のスタッフにおいて、MRIに直接起因する一過性の自覚症状めまい吐き気耳鳴り、集中困難など)の有症率と発生率を調査した。参加者(n=104:8施設)は、質問票に回答し、自覚症状および実際に行った作業の情報に関する日誌をつけ、また就業日の中から選んだ任意の1-3日間、磁界ばく露測定器を身に付けた。その結果、参加者の全シフト(就業時間)のうちの4%で、MRI作業に関連した症状発生が報告された;MRI関連症状(付随症状を除外)の有症率は、MRI作業した一週間当たりの時間数、シフトの長さ、ストレスに関連したが、磁界強度(1.5T、3.0T)、測定された磁界ばく露には関連しなかった、と報告している。

ばく露