研究のタイプ: レビュー/サーベイ論文

[無線周波電磁界:スクルンダ地方ラジオ局の事例] review

Radio-frequency electromagnetic fields. The Skrunda Radio Location Station case.

掲載誌: Sci Total Environ 1996; 180 (1): 49-50

この総説は、早期警戒レーダシステムとして156から162MHzの周波数範囲で稼動しているラトビアのスクルンダ無線位置探索局(1971年運転開始、1998年まで運転予定)が植物に与える影響について、The Science of the Total Environmentに掲載されたで6つの論文を紹介している。