[ある特別な時間変動電磁界ばく露によるがん細胞増殖の抑制にはT型カルシウムチャネルが関与する] med./bio.

Inhibition of cancer cell growth by exposure to a specific time-varying electromagnetic field involves T-type calcium channels.

掲載誌: PLoS One 2015; 10 (4): e0124136

この研究は、Thomas-EMFと称する低強度の25-6Hzで変調された電磁界パターンによる悪性腫瘍細胞の増殖抑制効果について検討した。結果として、Thomas-EMFの1日1時間の毎日のばく露は、悪性腫瘍細胞株(B16-BL6, MDA-MB-231, MCF-7, HeLa細胞)の増殖抑制する一方、非悪性細胞の増殖には影響しなかった;B16-BL6細胞を同一遺伝子型のC57bマウスに移植して行ったイン・ビボ実験でも、毎日のThomas-EMFばく露は、擬似ばく露群に比べB16-BL6細胞の増殖抑制した;イン・ビトロ実験で、悪性細胞への15分間を上回るThomas-EMFばく露カルシウムイオン流入促進し、電位依存性T型カルシウムチャネルの阻害剤の処置を行うとその流入は阻止された;非悪性腫瘍では、どのようなパターンのEMFでもカルシウムイオン流入細胞増殖の変化は無かった、と報告している。

ばく露