[パルス化電磁波へのばく露はラットの下垂体前葉の超微細構造損傷および熱ショックタンパク質70発現の増加を引き起こす] med./bio.

Pulsed electromagnetic wave exposure induces ultrastructural damage and upregulated expression of heat shock protein 70 in the rat adenohypophysis.

掲載誌: Mol Med Rep 2015; 12 (2): 2175-2180

この研究は、パルス化電磁波(PEMW)にばく露したラット下垂体前葉における超微細構造および熱ショックタンパク質70(HSP70発現への影響を調べた。実験は無作為に分けられた4群(各n=6)で実施した:擬似ばく露群、ばく露したパルス数が1×104発群、1×105発群、3×105発群である。各ばく露群には、PEMW(電界強度100kV/m、所定のパルス数)の全身ばく露を与え、各群の個体をばく露後12、24、48、96時間後に分けて屠殺し、下垂体前葉の超微細構造の観察およびHSP70発現の測定を行った。その結果、ばく露後12時間において細胞損傷が観察されたが、24、48時間後にさらに重大な細胞損傷が観察された;その損傷は、パルス数の増加とともに増加した;HSP70の発現もPEMFばく露により有意に増加し、そのピーク値はばく露後12時間で見られた、と報告している。