研究のタイプ: レビュー/サーベイ論文

[生物学的システムと電磁界との相互作用] review

Electromagnetic field interactions with biological systems.

掲載誌: FASEB J 1993; 7 (2): 272-281

これは、ISBが組織したシンポジウムでの報告で、1992年FASEB会議で発表された。ここでは、新しい研究の方向性を提供することである。シンポジウムのテーマは、ガン、神経機能、細胞のシグナリング、松果腺機能と免疫システムの相互作用である。生きている有機体は、弱い電界と電磁エネルギーの放出を、何十億年の進化を通して、複雑な電気化学システムとなった。生体を特徴付けるものとして、電界磁界の環境と相互作用し、その環境に適応するようになった。最近は、新しい周波数、変調や強度をもつ電磁界を放出機械が数多く現れてきた。これらは至る所にあるので、生物はそれらに適応していない。生物学者にとって、このような状況は、生体システムの機能を電磁界プローブとして用いて、研究する機会をもたらしている。電磁界の研究が進むにつれ、さまざまな生物学の領域の知識のデータが得られる。