[電子レンジからのばく露の評価とWLANsの総ばく露量に及ぼす影響] tech./dosim.

Exposure assessment of microwave ovens and impact on total exposure in WLANs.

掲載誌: Radiat Prot Dosimetry 2016; 168 (2): 212-222

この研究は、職場環境およびオフィスに置かれた電子レンジ(n=11)からの電界へのばく露を現場測定した。測定は距離(<1m)の関数として、負荷無しまたは有り(水道水275ml)の条件で実施した。その結果、測定値の最大値は、距離5cm(負荷無し)での55.2Vm-1であり、これはICNIRPガイドラインの職業ばく露参考レベルより2.5倍低く、公衆ばく露参考レベルより1.1倍低かった。距離>1mのばく露については、現実の環境中の電界のモデルを提示した。その結果、オフィス環境モデルで電子レンジをONにすることによる電界強度中央値の上昇は、従来型WLAN環境では91から145mVm-1(91%増)、ばく露最適化WLAN環境では44から92mVm-1(109%増)であった、と報告している。

ばく露