[無線周波電磁界への職業的ばく露:イスラエルの全国調査の結果] tech./dosim.

Occupational exposures to radiofrequency fields: results of an Israeli national survey.

掲載誌: J Radiol Prot 2015; 35 (2): 429-445

この論文は、工業用加熱装置、通信、レーダ、研究、医学を代表する約100kHzから40GHzまでの周波数範囲の無線周波RF電磁界への職業的ばく露を調査したイスラエル全国調査の結果を報告している。25の職種での900の発生源について約4300の測定値を得た。それらのばく露を、その職種において「ルーチン的」、「付随的」、「非意図的」なものに分類した。職種別、3分類別の測定値の幾何平均(GMs)の米国産業衛生専門家会議(ACGIH)の許容閾値((TLVs)に対する割合(%)、および幾何標準偏差(GSD)を計算した。また、職種別の年間の個人ばく露、集団ばく露を推定した。その結果、「ルーチン的」ばく露のGMのほとんどはACGIH TLVsの1%未満であった;例外はウォーキートーキー(94%)、誘導加熱器(17%)、プラスティックウェルダ(11%)工業用加熱器(6%)、ジアテルミ装置(6%)であった;「付随的」ばく露(1職種)、「非意図的」ばく露(14職種)のGMがTLVを上回った;多くの場合、職種内のGSDが非常に大きく、中央値はTLVを下回っているが、変動しやすい一部の測定値がTLVを超過すると見積もられた(但し、短時間のTLV超過は直ちにハザードとはみなされない);年間累積個人ばく露が最も高かったのは、高い順にウォーキートーキー、プラスティックウェルダ、工業用加熱器の作業者であった;一つの職種集団の累積ばく露では、ウォーキートーキーが全体の96.3%を占めた(ばく露人口が多く、個人ばく露も高いため)、と報告している。

ばく露