[ヒトのふくらはぎの筋肉のRF加熱中の体温調節のMRを用いた方法での測定の実行可能性] tech./dosim.

Feasibility of measuring thermoregulation during RF heating of the human calf muscle using MR based methods.

掲載誌: Magn Reson Med 2016; 75 (4): 1743-1751

この研究は、イン・ビボでの体温調節のMR法による測定の実行可能性を実験で検証した。ボランティア(n=13)において、外部からのRFばく露(20W/kg、16分間)中、あるいは身体運動後のふくらはぎを3テスラMRIでスキャンし、その時のふくらはぎの温度をプロトンの共鳴周波数シフトで測定した。灌流画像の測定には動脈スピンラベル法(ASL)を、血流の測定には位相コントラスト法を用いた。灌流量および血流速度は足全体において測定され、ベースライン値で標準化された。その結果、RFエネルギー吸収による温度上昇は、全てのボランティアで1.1-2.5°Cの範囲にあった;灌流量はRF加熱により有意に増加したが、身体運動による増加の方が大きかった;新しい安全ガイドラインが温度上昇に基づく場合には、このような体温調節の測定が必要になるであろう、と報告している。

ばく露